漫画に自由を!21

「漫画に自由を!21」は、漫画やアニメと言ったサブカルチャーにおけるあらゆる表現の自由を、日本国憲法第21条に基づき守ろうと、独自の手法で世界に訴える事を目的として結成されたサークル(団体)です。

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07-28

2014

「地を這う魚(著・吾妻ひでお)」に出てくるわへーさんにお会いしました

第2回 7月27日(日) 貸本・劇画・ガロの仕事
講師:平田弘史(漫画家)×F.Mロッカー(漫画研究家)
http://www.kcf.or.jp/morishita/kouza_detail_010200500175.html


昨日はこの講座に行ってきましたが、それはそれで別の機会に描こうと思います。


吾妻ひでお先生の作品に「地を這う魚 ひでおの青春日記」という自伝漫画がありますが、そこにわへーというアリクイの姿をした吾妻先生の友人が出てきます。

ゆきみちゃんはサイ。わてんちゃんはワニ、わへーはアリクイ。


20140728_0000.jpg



昨日は講座の後に何人かでファミレスで二次会をしたんですが、ここにそのわへーさんが参加されていました!

実は初対面ではなく、みやわき心太郎先生のお葬式の時とお墓参りの時にお会いしていたのですが、その際はみやわき心太郎先生の一番弟子の方と紹介されていて、お名前は存じ上げませんでした。


今回ファミレスで同席したのですが、その際、

「吾妻ひでおの地を這う魚、読んだ?あれに出てきたアリクイのわへーって俺なんだよ。」

と自己紹介されてビックリ。ご本名は「和平俊秀」さんで、今は漫画家はされていないとか。



地を這う魚の中でも紹介されているんですが、吾妻ひでお先生とお会いした頃は水島新司先生のアシスタントをされており、そこにおられた五十嵐幸吉さんの紹介でみやわき心太郎先生とお会いして弟子入りしたそうです。


みやわき心太郎先生は天才であったにも関わらず、凡人(ご本人曰く)であったわへーさんにも天才にしかわかりえない事をわかりやすく説明してくれたそうです。


きっかけになったのは、水島新司先生の漫画論が

「漫画は100%商品でなければならない」

であったのに対し、わへーさんは

「漫画は100%作品でなければならない」

と反発。


しかしみやわき心太郎先生はそれに対し、

「漫画は50%が作品、50%が商品。作品として完璧でも、読者に商品として認められなければ100%とは言えない」

と答え、わへーさんはそれに大きな感銘を受けたそうです。


そして弟子を取るような金銭的余裕が全くなかったみやわき心太郎先生の下に無給でいいからと弟子入りし、その後最後まで行動を共にされたとか。



吾妻ひでお先生のお話、みやわき心太郎先生独自の漫画論、人生論、宗教論など多くの事を語って頂き、大変楽しい一日でした。


追記










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。